長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 特集記事 > 真夏の飯田で、自転車遊び(09夏季ツアーレポート)

特集記事

この記事の内容は2010年7月現在のものです。

真夏の飯田で、自転車遊び(09夏季ツアーレポート)

真夏の飯田で、自転車遊び

※この記事はコースガイドではなく、過去に実施されたツアーのレポートです。
季節により、冬季閉鎖になるルートが含まれています。
また閉鎖されていなくても、凍結等によって走行が危険な場合があります。
実際にお出かけになる際は、現地の状況をあらかじめよくご確認ください。

1.夏の飯田にシクロツーリスト集えり

1.夏の飯田にシクロツーリスト集えり

夏は、必ずしも自転車でのツーリングに適した季節ではない。
暑いので気を付けないと熱中症になったりするし、
紫外線も強い。野外では虫や雷雨にも注意しなければならない。
それでも、自転車大好き人間の多くは、真夏になると
ついつい出かけたくなってしまうのだ。
それはどうも、真っ黒になって夕方まで遊び回っていた、
少年時代の夏休みの記憶のせいなのかもしれない。

日陰の多いルートも走る

飯田に住んでいる人にはピンと来ないかもしれないけれど、
中部地方の海沿いなど、低地に住んでいる人間からすると、
夏の飯田はなかなか魅力的である。
昼間の気温は低地とほとんど変わらないが、朝夕はかなり涼しい。
夜はエアコンなしでも眠れるし、日中も湿気が少なく快適だ。
よく選べば、そこそこ日陰の多いルートも走ることができる。
それに俗化した観光地ではないから、人や車も少ないしね。

飯田はまさにシクロツーリストの理想郷

シクロツーリスムとは、要するに自転車での旅。
その旅人は、シクロツーリストと言う。若い人もいるが、
実は30代、40代以上の大人が、現在の主な愛好者層だ。
こうしたシクロツーリストの主な特長は以下の通り。
●旧道など、文化的香りの高いルートが好き。
●昭和の風情やローカル線など、レトロなものに惹かれる。
●ガイドブックに出ていないような、無名の事物との出会いを喜ぶ。
というわけで、飯田はまさにシクロツーリストの理想郷でもある。

※地図は飯田市の場所を示しています。

関連地図

一つ前のページへ戻る

特集記事へ戻る

page top