長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 特集記事 > 飯田旧市街地「丘の上」を、自転車で遊ぶ

特集記事

この記事の内容は2007年8月現在のものです。

飯田旧市街地「丘の上」を、自転車で遊ぶ

飯田旧市街地「丘の上」を、自転車で遊ぶ。

お送りするレポーターは、飯田と遠山郷の 大ファン・白鳥和也(自転車文学研究室)です。

プロローグ

天竜川の河岸段丘上に位置する飯田の旧市街地は、
「丘の上」と呼ばれ、独特の雰囲気を持つ街が広がっている。
昭和そのままのお店、伊那の小京都の面影、不思議に静かな街路

どこにでもある観光目玉などないけれど、この「丘の上」には、
たとえようもない、懐かしさとやさしさと、ぬくもりがある。
私、白鳥和也もそこに惚れ込んでしまった一人だ。
何度来ても飽きない「丘の上」の魅力。その一端をご紹介しよう。

飯田の旧市街「丘の上」では、確かに自転車はあまり見かけない。
が、それは比較的最近の話で、昔はかなり自転車が行き来していた。
旧市街地は、約1.5㎞×1.5㎞程度の空間で、河岸段丘の上にある。
だから、その中での標高差は案外少なく、最大でも35mくらいだ。
これはスポーツサイクルに慣れた人なら、さほどの高低差ではない。
それに自転車なら、ちょっと足を伸ばすことも気が楽だしね。
とはいっても、下り坂でスピードを出し過ぎないように、
歩行者優先、道路交通法遵守、安全第一で出かけましょう。

「丘の上」では、町の名前が、通りの名前となっていることが多い。
「本町」と言えば、だいたい本町の通りの両側ということになる。
丘の上を代表する通りである「並木通り」のように
例外もあるけれど、覚えておくと、なかなか便利です。
画像は「中央通り」。正面が飯田駅です。

関連地図

一つ前のページへ戻る

特集記事へ戻る

page top