長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 特集記事 > 丘の上の桜の街で

特集記事

この記事の内容は2010年2月現在のものです。

丘の上の桜の街で

ガイドは、飯田に何度となく訪れ、飯田の人より飯田に詳しい小説家・エッセイスト、自転車文学研究室を主宰する白鳥和也さんだに。
さぁって、どんな桜めぐりになるんだらなぁ。

午前の部

桜をめぐる自転車の衆は、飯田市役所に集合したんな。
自転車にあんまり乗ったことのない人に、まずは基本走行技術の簡単な講習をしたんだに。 ほいで出発したんな。

愛宕神社

最初に立ち寄ったのは愛宕神社な。樹齢750年以上と言われる清秀桜はなぁ飯田の桜の古木を代表する桜だっちゅうに。愛宕神社境内からの眺めもなかなかいいもんだのぉ。

愛宕坂

愛宕神社の後は、通称汽車桜を眺めといて市営動物園脇の小道を四季の広場へ下ったんな。公園をぬけたら古い建築物が並ぶ愛宕坂に出たに。この坂は白鳥さんいわく「飯田を代表する激坂」だっちゅうに。

裏界線

自転車の衆は飯田のシンボルりんご並木に行ったんな。
裏界線に自転車を置いて、並木の通り沿いのお菓子の店「南味紀」へ寄ったんな。
この店は飯田を代表するお菓子屋さんの逸品が数多く並んどるんな。

安富桜

次は飯田市美術博物館の安富桜へ行ったんな。この桜は樹齢450年以上の古木だに。
樹勢もよくて、樹の大きさにみんな圧倒されそうだったに。近くには赤門や桜丸の夫婦桜もあるで見逃さんようにな!

くつわ小路

ここからは自転車ならではの機動性を発揮して、くつわ小路という細い路地にも入ったんな。

普門院址の枝垂れ桜

めざす桜は二本松にある普門院址の枝垂れ桜だに。この日は地元のイベントがあったもんで甘酒のサービをいただいたんな。

桜並木

仲之町から並木通りへ出たに。
桜並木の桜を眺めといてロータリーへ行ったんな。

昼食

そろそろお腹も空いてきたもんで、昼食にしたんな。
食事の場所は信濃屋さんだに。
焼き肉屋さんでもあるんだけぇどメニューは豊富だに。
みんなが頼んだのはマトン定食、ジンギスカン定食...。
だだくさもない量だったし、美味しかったに。

※地図は飯田市の場所を示しています。

関連地図

一つ前のページへ戻る

特集記事へ戻る

page top