長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 音でめぐる南信州 > 第7回「阿智黒毛和牛」(長野県阿智村)

音でめぐる南信州

第7回「阿智黒毛和牛」(長野県阿智村)

第7回「阿智黒毛和牛」(長野県阿智村)の音を聞く

長野県の南端、西は中央アルプス恵那山を堺に岐阜県に接している下伊那郡阿智村は、阿智川の清流に沿って温泉宿やホテルが軒を連ねる南信州最大の昼神温泉郷が湯けむり情緒をかもしだし、その周辺には名所、旧跡が点在している山あいの静かな村です。

又、沢山の神話や伝説が残っていて、遙か万葉の時代から歌に詠われた古代東山道の神坂峠や園原の里も村の歴史を今に伝えています。
こうした豊かな自然環境の中、阿智村において農業は古くから村の基幹産業としての役割を担ってきました。赤梨やりんご・トマトや夏秋きゅうり等、年間通して収穫される青果物や特産のきのこは村のとっておきとして各地に出荷されています。中でも飯田下伊那地域に初めて黒毛和牛を導入した阿智村の4軒の生産者で構成するグループは三世代に渡り黒毛和牛の肥育技術を高めてきました。近年は、阿智村の新ブランド「阿智黒毛和牛」として紹介されると全国から注文が相次いでいます。
 
この阿智黒毛和牛は、生産者が管理の行き届く頭数1、000頭に厳選し血統の研究や高い技術力、そして一頭一頭に愛情を注ぎ全頭直営牧場で育てることにより、A4A5ランクに限定された希少価値の高い最高級の和牛です。

その味は、見事な霜降りは口に入れるととろける様なまろやかさ、豊かな風味を感じ、やわらかさもあわせ持っていて脂に甘みがあり、とてもおいしい、と高い評価を得ています。肉の旨味をシンプルに味わうならステーキに、しゃぶしゃぶやすき焼き、もちろん焼肉もおすすめです。

阿智村の豊かな自然に抱かれ、生産者のきめ細やかな愛情を受けて育てられた安全・安心の阿智黒毛和牛。地域の味、こだわりの逸品として味わってみてはいかかでしょう。

阿智黒毛和牛が生産されている阿智村へは、中央高速自動車道園原ICからお車でおよそ
10分、また飯田ICからはおよそ15分となります。

第7回「阿智黒毛和牛」(長野県阿智村)の音を聞く

テーマ別特集

春 夏 秋 冬 桜 キャンプ 食 温泉 飯田線 自転車 散策 その他

一つ前のページへ戻る

音でめぐる南信州へ戻る

page top