長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 音でめぐる南信州 > 第2回「しらびそ高原」(長野県飯田市上村)の音めぐり

音でめぐる南信州

第2回「しらびそ高原」(長野県飯田市上村)の音めぐり

第2回「しらびそ高原」(長野県飯田市上村)の音めぐりの音を聞く

三遠南信自動車道矢筈トンネルから車でおよそ30分、3,000m級の南アルプスの山々を間近に望む標高1,918mに広がるしらびそ高原は、峠付近がシラビソの原生林で覆われていた事から名づけられました。

南アルプスに手の届きそうなしらびそ高原の北には標高2,212mの尾高山が、南には標高1,905mの神秘的な伝説のある池を称える御池山があり、いずれ尾根伝いにハイキングコースが設備されています。

林の間に羽ばたく鳥達のさえずりに耳を傾け、水辺に野生の鹿やカモシカの姿をみとめ、草原に可憐な花をつけるヤナギランやコガネギクに癒される。下界からは想像もつかない雲上の楽園、しらびそ高原は、サンセットポイントでもあり、日が沈めば満天の星空に包まれるスケールの大きな展望台です。周辺にはオートキャンプ場があり思い思いのアウトドアが楽しめ、宿泊施設を兼ね備えたハイランドしらびそではアルプスが一望できる展望風呂でくつろぐのも格別です。

雄大な自然にふれる喜びをしみじみ感じるしらびそ高原へは、中央道飯田ICより矢筈トンネルを経由してお車で1時間あまりとなっております。

第2回「しらびそ高原」(長野県飯田市上村)の音めぐりの音を聞く

テーマ別特集

春 夏 秋 冬 桜 キャンプ 食 温泉 飯田線 自転車 散策 その他

一つ前のページへ戻る

音でめぐる南信州へ戻る

page top