長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 南信州日記 > イベント  > , 季節 > ナビ記者通信 やまびこマーチ

南信州日記

ナビ記者通信 やまびこマーチ

16年4月23日(土)

飯田では、やまびこマーチというウォーキングイベントが開催されています。
観光ガイドの会もこれに一役買っていて、昨日(4/22)は私も参加してきました。
4-22 ①やまびこマーチ 61-3.jpg
担当したのは、市街地散策おもてなしコース!私のグループは18名。3人でご案内。
中央公園から出発。からくり時計のハミングパルは故障中でこのようには開かず。
(写真は故障前のものです)
4-22 ②やまびこマーチ 89.JPG
桜並木で今咲いている御衣黄をご案内。近寄らないと花が分かりませんね^^;
4-22 ③やまびこマーチ 15-2.jpg
続いて専照寺へ。上に鐘が乗っている珍しい山門が在ります。
元々は太鼓が乗ってた太鼓門でした。
4-22 ④やまびこマーチ 64.JPG
谷川公園でも今咲いている桜を紹介。此処には鬱金桜と天の川桜があります。
4-22 ⑤やまびこマーチ 66.JPG
鬱金桜も遠目では綺麗に見えませんが、アップで見れば結構綺麗な花ですね^^
4-22 ⑥やまびこマーチ 68.JPG
天の川は、枝が横に伸びないで上に向かって行きます。花も上を向いて咲く八重桜。
珍しいでしょ^^
4-22 ⑦やまびこマーチ 69-2.JPG
公民館でちょっと一休み。飯田の和菓子とお茶でおもてなし。
4-22 ⑧やまびこマーチ 74.JPG
このあとはりんご並木をご案内。
4-22 ⑨やまびこマーチ 78.JPG
今は丁度りんごの花が咲いています。
4-22 ⑩やまびこマーチ 80.JPG
そこから今度は赤門へ!赤門は全国に三つしかありません。
そんな赤門が飯田になぜあるのか?赤門は徳川家からお嫁入りしたお姫様のための門。
確かに飯田城には家康と信長の孫娘「福姫」が嫁いで来ています。しかし福姫を迎えた殿様は小笠原家。赤門を作ったのはその後の堀家。時代が合いません^^;どうやら幕府の要職にも就いていた堀氏が、勝手に作ったらしいのです^^;
4-22 ⑪やまびこマーチ 83.JPG
この後、夫婦桜やイスノキをご案内。この夫婦桜は、彼岸桜と枝垂れ桜が根元で合体している珍しい桜です。満開時の写真を載せておきますね。
4-8 ⑫夫婦桜05.jpg
つづいて美術博物館へ。ここは飯田城の家老屋敷跡。ひときわ存在感がある桜は安富家の庭にあった事から安富桜と言う名が付いています。今は葉桜なのでこれも満開の写真を^^
4-8 ⑬美博の安富桜 13.jpg
館内には飯田出身の日本画家「菱田春草」の作品が展示されています。と言った説明をして、ここで解散。
私はこのあと、希望者だけを本丸跡へご案内。三宜亭(サンギテイ)裏の眺望ポイントもご紹介。
12-15 ⑭三宜亭裏 04.jpg
このグループと別れ、帰る途中で今度は別グループと遭遇^^「焼肉屋はどこがいい?」と言う事でそのご案内。途中で福姫の墓へもご案内しました^^
⑮福姫の墓 50.JPG
結局この日は1万歩以上歩き、足に来ましたよ^^;
今日(23日)は峰竜太がこのイベントに来ています^^
明日(24日)はゆるキャラ天国も同時開催されます。
⑯ ゆるキャラ 95.JPG
詳細はこちら↓
http://www.ii-s.xyz/v3info/2016/04/424in.html

    (4/22 撮 ナビ記者2)

16/4/23    南信州の観光担当者 nkisya02    (0)    (1)

このページの上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ii-s.xyz/mt5/mt-tb.cgi/8769

コメントを投稿する

コメントの内容によっては、当サイト管理者の承認が必要になる場合があります。その場合は、承認されるまではコメントは表示されません。あらかじめご了承ください。

名前   

E-mail   

URL   

コメント(スタイル用のHTMLタグを使えます)

一つ前のページへ戻る

南信州日記へ戻る

長野県飯田市を中心とした「南信州」のご紹介ブログ。
観光地情報サイトには載らない、南信州の牧歌的風景や食、観光スポットの意外な一面を掲載。

過去の日記

page top