長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 南信州日記 > 歴史 > , 風景 > ナビ記者通信 リニアを迂回させた恒川遺跡

南信州日記

ナビ記者通信 リニアを迂回させた恒川遺跡

14年5月 8日(木)

遺跡シリーズと言う訳でもありませんが、恒川(ゴンガ)遺跡にも行って来ました。
私の場合は、リニアを迂回させた遺跡ってどんなん?と言う好奇心からですね^^;
昨年リニアのルート発表時、 南信州の記事は・・・
(焦点だった県内駅の位置は、県や飯田市などが回避を求めていたJR元善光寺駅周辺800メートル四方に広がる恒川遺跡群を南側に回避し、商業店舗や住宅が集積する上郷飯沼に計画した。)
とありました。

高岡の森 1号古墳の近くに全体の案内図があります。
これを頼りに廻ってみました。

5-6 ①遺跡群案内図.jpg
先ずは恒川清水。
昭和50年代まで満水だったそうですが、今は・・・。
水は、石で丸く囲われた所に少しあるだけでした。
もう湧き出してはいないのでしょうか?

5-6 ②恒川遺跡 恒川清水 87.jpg
5-6 ③恒川遺跡 恒川清水 88.jpg
5-6 ④恒川遺跡 恒川清水 86.jpg
此処から少し離れた所に案内標識が!

5-6 ⑤恒川遺跡 89.jpg
その方向に行ってみると、正倉院跡という案内板。
写真から、一度発掘調査をして今は戻された様です。

5-6 ⑥恒川遺跡 正倉院跡 9.jpg
5-6 ⑦恒川遺跡 正倉院跡 91.jpg
その奥は墓地なのですが、その一角にそれらしき物が。
どうやらこの祠の中に薬師如来の石像があるようです。

5-6 ⑧恒川遺跡 薬師堂 187.jpg5-6 ⑨恒川遺跡 薬師堂 89.jpg
5-6 ⑩恒川遺跡 薬師堂 186.jpg
通りに戻って少し進むと、厨出土地との案内板。
出土場所を示しただけで、他には何も無さそうです。

5-6 ⑪恒川遺跡 厨5.jpg
5-6 ⑫恒川遺跡 厨97.jpg
次の案内標識は舘跡。

5-6 ⑬恒川遺跡 99.jpg
少し先の横断地下道の壁際に案内板がありました。
此処も案内板だけでした。
発掘調査後元に戻されたのでしょうか?
それとも、この地下道を作る際に消滅したのでしょうか?

5-6 ⑭恒川遺跡 舘跡 1.jpg
5-6 ⑮恒川遺跡 舘跡 102.jpg
5-6 ⑯恒川遺跡 舘跡 104.jpg
結局遺跡らしい形で残っているのは、恒川清水のみ。
その他は、此処には○○があったという案内板だけでした。
今後はどうなるのか?
遺跡は国指定史跡となり、市も史跡公園として整備する様です。
JR東海のプランを変更させたのだから、何とか復元しないとね~!

余談になりますが、遺跡と言えばもう一つ。
昨年ですが、偶然遺跡の発掘調査現場に遭遇しました。
聞くところによると、ある施設の基礎工事中に遺跡が見つかり調査中との事。
其処は今どうなったのか?
行ってみると調査は終わり、工事が進められていました。

10-26 ⑰何の遺跡?.jpg
5-6 ⑱工事進行中.jpg
こうなってしまうと、もう陽の目を見る事もなくなってしまいますね。

(5/6 撮 ナビ記者 2)

14/5/ 8    南信州の観光担当者 ume    (0)    (1)

このページの上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ii-s.xyz/mt5/mt-tb.cgi/4080

コメントを投稿する

コメントの内容によっては、当サイト管理者の承認が必要になる場合があります。その場合は、承認されるまではコメントは表示されません。あらかじめご了承ください。

名前   

E-mail   

URL   

コメント(スタイル用のHTMLタグを使えます)

一つ前のページへ戻る

南信州日記へ戻る

長野県飯田市を中心とした「南信州」のご紹介ブログ。
観光地情報サイトには載らない、南信州の牧歌的風景や食、観光スポットの意外な一面を掲載。

過去の日記

page top