長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 南信州日記 > イベント  > 今週末のおすすめ 「チェコと日本の人形劇に触れる」 in川本美術館

南信州日記

今週末のおすすめ 「チェコと日本の人形劇に触れる」 in川本美術館

13年5月30日(木)

 飯田市は今田人形、黒田人形という人形芝居が江戸時代から受け継がれています。また毎年8月には「いいだ人形劇フェスタ」という日本最大級の人形劇イベントが開かれていて、「人形劇のまち」として有名です。
 年間通じてさまざまな人形劇イベントがありますが、今週末は川本喜八郎人形美術館で「チェコと日本の人形劇に触れる」という飯田×ヨーロッパ人形劇のコラボレーション企画がおこなわれます。
 201305301121_0001.jpg
 イベントでは今田人形の操り体験ワークショップや蝋燭の灯りだけで上演する特別公演、人形劇が盛んなヨーロッパよりチェコ在住の人形美術家・林由未さんを迎えてのトーク会、ワークショップがおこなわれます。
 普段なかなか人形劇にふれる機会がない皆さん、気軽に人形劇を観て、聴いて、体験できるチャンスです☆

【今田人形体験ワークショップ&公演】
 ◇体験ワークショップ「三人遣い人形を体験する」
  6月1日(土)16時30分~17時30分
  無料/講師:今田人形座

 ◇公演「江戸の灯りで楽しむ人形芝居」
  演目:伊達娘恋緋鹿子-火の見櫓の段-
  6月1日(土)20時10分~20時30分
  無料/講師:今田人形座

【チェコ人形劇トーク会&ワークショップ】
 ◇トーク会「チェコの演劇現場~アイデアだしからプレミアまで~」
  5月31日(金)19時~20時30分
  無料/ゲスト:林由未さん(舞台美術家・人形美術家)

 ◇ワークショップ「お面をつくる」
  6月1日(土)10時~12時30分、デザイン+整形
  6月2日(日)10時~12時30分、着色
  講師:林由未さん
  参加費:2500円
  定員:20人

 ※会場はいずれも飯田市川本喜八郎人形美術館

  お問合せ:NPO法人いいだ人形劇センター(電話050-3583-3594)
  チラシ「チェコと日本の人形劇に触れる」チェコと日本の人形劇にふれる.pdf
  

13/5/30    南信州の観光担当者 ume    (0)    (1)

このページの上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.ii-s.xyz/mt5/mt-tb.cgi/2868

コメントを投稿する

コメントの内容によっては、当サイト管理者の承認が必要になる場合があります。その場合は、承認されるまではコメントは表示されません。あらかじめご了承ください。

名前   

E-mail   

URL   

コメント(スタイル用のHTMLタグを使えます)

一つ前のページへ戻る

南信州日記へ戻る

長野県飯田市を中心とした「南信州」のご紹介ブログ。
観光地情報サイトには載らない、南信州の牧歌的風景や食、観光スポットの意外な一面を掲載。

過去の日記

page top