長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 自転車遊びガイド > 売木村に「高原サイクリングコース」誕生(売木村「茶臼山高原」)

自転車遊びガイド

売木村に「高原サイクリングコース」誕生(売木村「茶臼山高原」)

08/10/ 5掲載

081005-01.jpg

環境とも健康とも親和性の高い「自転車」を活用しようという試みが各所で広がっているようです。

081005-02.jpg今回ご紹介するのは、売木村の「バイコロジーと都市農村交流の推進」事業により、このたび誕生した「売木村・高原サイクリングコース」についてです。

081005-03.jpgこの事業は、村の生活環境の健全性を高めるとともに、体験・交流型のグリーン・ツーリズムと連携して、観光交流を活発化し、地域コミュニティの活性化をめざす云々かんぬんというもので、そのツールとして自転車に白羽の矢が立ったというわけです。

のっけから小難しいお話ですが、ようするに売木村という山村で、サイクリングが存分に楽しめると解釈し、実は、このサイクリングコースの設定には、われわれ坂道自転車通勤隊(坂隊)も大いに協力させていただいております。

坂隊の面々は、コース探索と称して、村の隅々まで走り回った次第でして(時には牧場の中も)、今回出来上がったサイクリング3コースは、いずれも売木村らしいコースになっていると思います。

その3コースのうち、今回は、中級コースをご紹介させていただきます。

この中級コースは、売木村を早々に抜け出して、村を抜け出すどころか、長野県までも抜け出して、愛知県の最高峰「茶臼山」を登ってしまう、山岳コースです。

坂隊がコース設定を担当したからには、山がそばにあって、山に登らないなどということは有り得ないわけで、越県してでも茶臼山が入っています。

081005-04.jpgこの茶臼山、牧場や花畑、湧水などがある、「高原」という言葉がぴったりの美しい場所でして、天気の良い日には伊勢湾や名古屋の高層タワーも望めるのだとか!

そんな茶臼山までのアクセスは、車を極力避けるような道を選び、嫌な排気ガスや騒音とは無縁の、まさに「環境とも健康とも親和性の高い自転車」という形容にぴったりのコースレイアウトができました。

それも、当地域一帯のポテンシャルの高さゆえ。飯田下伊那には、売木村のように静かでキレイな場所がまだまだ沢山あるのだと、あらためて認識した次第です。

(2008年10月18日に、この「高原サイクリングコース」誕生にちなんだイベントが開催されました。)

081005-05.jpg

【コースデータ】

坂レベル(5段階):★★★☆☆
高原気分(5段階):★★★★★
所要時間:60~120分
距離:およそ27km
お勧めの自転車:一部勾配が急な場所もありますが、歩く覚悟であればどのような自転車でも。オススメはロードバイク。高原を気持ちよく走りましょう。
コースの注意:愛知県最高峰です。防寒対策など、装備はしっかりと。

位置関係を示す目的で描かれたイラスト略地図となりますので、お出かけの際は、正しい地図をご入手されることをお勧めいたします。

売木村に「高原サイクリングコース」誕生(売木村「茶臼山高原」)

【 ご注意ください 】

この情報は、2008年4月から2009年5月まで、地元の新聞社「信州日報」に連載された「南信州 飯田・下伊那自転車遊びガイド」をほぼ原文のまま転載したものです。
記事には、冬季閉鎖や荒天時通行止めの道路も含まれております。お出かけの際は、最新情報をご確認のうえ、お気をつけてお出かけください。

一つ前のページへ戻る

自転車遊びガイドへ戻る

page top