長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > お知らせ > 風越山で初冠雪を観測しました

お知らせ

風越山で初冠雪を観測しました

15.12. 7

 日本付近は冬型の気圧配置となっており、12月4日から強い寒気が流入しています。12月4日の気象衛星ひまわりの画像では、雪雲が日本海から一部太平洋側まで流れ込んでいるのが分かります。
 12月5日は朝から晴れの天気となり、ふもとからは、風越山(標高1,535m)が今季はじめて雪化粧しているのが確認できました。平年より6日遅れての初冠雪の観測となります。


【風越山の初冠雪】
・観測日:平成27年12月5日
 平年より6日遅く、昨年より2日遅い初冠雪となります。(平年は11月29日、昨年は12月3日)
・観測場所:飯田市松尾

(参考) これまでに風越山の初冠雪の最も早かったのは、2005年の10月23日、最も遅かったのは2004年12月26日です。飯田測候所無人化後の初冠雪の観測は、南信州広域連合から委嘱を受けた気象アドバイザーが行っています。

テーマ別特集

春 夏 秋 冬 桜 キャンプ 食 温泉 飯田線 自転車 散策 その他

一つ前のページへ戻る

お知らせへ戻る

page top